突如公開

私蔵の映画資料を活用可能な形にすることを目的とした、映画館プログラム公開用のブログです。日本の戦前のものが主になります。

鹿児島 天神通 / 第一映画劇場 / 1943年 4月8日-14日 [?]

f:id:carameltrips:20180422154130j:plain

f:id:carameltrips:20180422154156j:plain

f:id:carameltrips:20180422154215j:plain

8年4月8日発行
鹿児島 天神通 第一映画劇場
責任者:上原三郎
編輯:石神義雄
南鹿48小田納


今週の御案内
8日より14日まで

 『大東亜戦争ニュース』

 『新しき翼』文化映画
  (東宝文化映画部、1941年、
   米山疆構成、湯原甫製作)

 『赤ちゃん』
  Le mioche
  (FR、1936年、Léonide Moguy監督)


15日より7日間

 『祖先お誕生』
  L'antenato
  (IT、1938年、Guido Brignone監督)


予告作品

 『転落の詩集』
  (日活、1940年、島耕二監督)

 『水の旅』
  (東宝、中央文化映画製作所、
   1941年、中野孝夫監督)

 『日本ニュース』149
  (日本ニュース映画社)


麑城映画街今週の御案内
4月8日から14日迄(7日間)

東宝映画劇場(白系)

 『桃太郎の海鷲』
  (芸術映画社、1943年、
   持永只仁構成、瀬尾光世演出)

 『闘ふ護送船團』
  (芸術映画社、1943年、
   中山良夫演出、大村英之助製作)

 『ジャバの学校』文化映画

東宝 帝国館(白系)

 『桃太郎の海鷲』

 『闘ふ護送船團』

 『ジャバの学校』文化映画

南陽映画劇場(白系)

 『桃太郎の海鷲』

 『闘ふ護送船團』

 『ジャバの学校』文化映画

東映画劇場(紅系)

 『姿三四郎
  (東宝、1943年、黒澤明監督)

 『工兵魂』文化映画
  (理研科学映画社、1943年、
   樋口源一郎構成、西尾佳雄演出)

松竹 富士館(紅系)

 『姿三四郎

 『工兵魂』文化映画


開場時間

天文館、第一映画
 平日:昼の部12時半、夜の部6時 昼夜2回入替
 日曜・祭日:11時30分より連続3回興業入替なし

南陽映画劇場
 平日:昼の部12時より、夜の部7時 昼夜2回入替
 日曜・祭日:12時より連続3回興業入替なし