読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突如公開

私蔵の映画資料を活用可能な形にすることを目的とした、映画館プログラム公開用のブログです。日本の戦前のものが主になります。

鹿児島 / 第一映画劇場(鹿児島市天神馬場)/ 1942年 / 11月15日-18日

プログラム(鹿児島)

f:id:carameltrips:20160205151423j:plain

 

f:id:carameltrips:20160205151427j:plain

f:id:carameltrips:20160205151624j:plain

第一映画
 責任者:宮川進、編輯:石神義雄、(南鹿48小田納)

今週の御案内
 『大東亜戦争ニュース』(126号)
 『海軍と体操』文化映画
   (日活 (海軍省教育局), 1942年)
 『白鳥の死』La mort du cygne
   (FR, 1937年, Jean Benoît-Lévy監督)

予告作品
 『男の意気』
   (松竹, 1942年, 中村登監督) 表紙
 『妻は嘆かず』
   (松竹, 1940年, 瑞穂春海監督) 表紙
 『獨眼龍政宗』
   (大映, 1942年, 稲垣浩監督)
 『ファシストの翼』
 『エノケン水滸伝水滸伝)』
   (東宝, 1942年, 岡田敬監督)
 『戦ひはこれからだ』文化映画?
   (日本映画社, 1942年)
 『エノケン鞍馬天狗
   (東宝, 1939年, 近藤勝彦監督)
 『狸御殿』
   (新興, 1939年, 木村恵吾監督)
 『続 婦系図
   (東宝, 1942年, マキノ正博監督)
 『兄弟会議(兄妹会議)』
   (松竹, 1942年, 清水宏監督)
 『偽れる唇』Le maître de forges
   (FR, 1933年, Abel Gance, Fernand Rivers監督)
 『モスコーの夜』(モスコーの一夜) Les nuits moscovites
   (FR, 1934年, Alexis Granowsky監督)
 『海猫の港』
   (大映, 1942年, 千葉泰樹監督)
 『明朗五人男』
   (東宝, 1940年, 斎藤寅次郎監督)
 『久遠の笑顔』
   (東宝, 1942年, 監/渡辺邦男監督)
 『魔の銀嶺』
 『誓ひの港』
   (松竹, 1942年, 大庭秀雄監督)
 『男への条件』
   (松竹, 1941年, 佐々木啓祐監督)
 『思ひ出の記』(思出の記)
   (大映, 1942年, 小崎政房監督)
 『簪』
   (松竹, 1941年, 清水宏監督)